人権学習ファシリテーター養成講座

学習会参加者の話し合いを中心に進めるワークショップ型研修は、参加者が自らをふりかえり、テーマに対する実践力を養う上で非常に有効な学習手法です。県内で開かれている多くの人権学習もこの手法を用いて実施されていますが、その効果が評価されている一方で、より良い話し合いのためのさらなる改善が求められています。

講座は全6回で、前半はワークショップを体験してその特長と留意点を理解するとともに、学習プログラム作りと模擬実践を行います。また、講座の後半では実際の研修の場に出かけてプログラムを実践し、その後に評価やふりかえりを行います。
この講座は、ワークショップ型の研修を行う力を実践的に身につけられる貴重な学習機会であると同時に、各地のさまざまな立場で人権啓発に携わっている方や、人権啓発に関心のある方が出会い、有意義な意見・情報交換ができる場になることを期待しています。

人権学習ファシリテーター養成講座

実施状況

2018.04.27

ワークショップを体験的に学び、ワークショップ型の人権学習を進行する力を実践を通して学ぶ講座です。 県市町村や企業、PTA等で人権啓発・教育にたずさわっている方、ワークショップに関心のある方にお勧めです。チームで協力して進めるのでネットワ …

2017.05.09

 ワークショップの特徴を知り、ワークショップ型の学習プログラムを作成したり進行したりするための基礎的知識や技術を身につける、人材育成のための連続講座を開催します。  県内各地で人権啓発・教育に携わっている皆さんや、ワークショップ型の研修 …

鳥取県人権文化センターのその他の活動

ページトップへ