プログラム作成支援

現在、県内のほとんどの市町村で、参加者が共に話し合いながら学習を深めていく「ワークショップ型」の人権学習が導入されています。

各市町村では、参加型の学習プログラムを、限られた人数で知恵を絞りながら作成することとなり、作成者の負担が大きいうえ、作成上の様々な悩みもあるようです。

そこで、当センターでは、そのような方々を支援するため、協働で学習プログラムを作成したり、その後のフォロー(実践・評価等)を行う職員を派遣します。
貴市町村の人権学習を更に活性化し、効果を高めるために、ぜひ本活動をご活用ください。

プログラム作成支援

鳥取県人権文化センターのその他の活動

ページトップへ