人権学習資料37号を発刊しました

人権学習資料

 「今後の部落問題学習をどう展開するか」と題し、部落問題及び部落問題学習の現状と課題を整理した上で、今後の部落問題学習で大切にしたいこととして
・何が部落差別なのかが分かる学習
・情報を読み解き、正しく発信できる力を養う学習
・解決へ向けた行動力が身につく学習
・対話
を特に重要な点として提案しています。

詳しくはこちら

鳥取県人権文化センターのその他の活動

ページトップへ