【質問回答】人権学習資料のデザイン制作・印刷・配送業務に係る公募型プロポーザル

人権学習資料

プロポーザルにかかる質問が寄せられましたので回答いたします。

【 質問1 】

  ポスター及びリーフレットがそれぞれ320件程度とありますが、ポスターとリーフレットを
 セットにして320件という認識でよろしいでしょうか?
  その際、ポスターは3種1セットでしょうか?

( 回 答 )

 ポスターは、必ず3種を1セットにしたもので送付をお願いします。
 配布先320件の内訳については次のとおりです。
  ・リーフレットのみの送付・・・35件
  ・ポスターとリーフレットのセットを送付・・・285件
 ただし、ポスターとリーフレットの送付部数については送付先によって、それぞれバラつきが
 ありますのでご留意ください。

【 質問2 】

  送付文ですが、こちら「信書」ではない、という想定でよろしいでしょうか?

( 回 答 )

 信書ではないという想定で問題ありません。

【 質問3 】

  ポスターの掲示場所、パンフの配架設置場所を教えて下さい。

 ( 回 答 )

 ポスターは県市町村人権啓発担当部署や人権センター、学校等に、リーフレットは上記に加えて
 各種団体や個人に配布の予定です。
 よって、ポスターの掲出場所およびリーフレットの配下設置場所としては、主に公共施設や学校等の
 廊下やロビーを想定しています。

【 質問4 】

  3枚のポスターを同時に掲出する事があるか教えて下さい。

( 回 答 )

  可能性としてはあります。
  上記の施設・団体に比較的広い常設の展示用スペースがある場合、またイベント開催時に
  展示コーナー等を設ける場合などは、3枚同時の掲出が考えられます。

【 質問5 】

  仕様書の2の(7)リーフレットに啓発文全文記載を要されていますが、リーフレットの内容は
 啓発文だけで良いのでしょうか。

 ( 回 答 )

  仕様書の別紙1の2(8)に記しているように、「タイトルや小見出し等の短文を挿入することが
 できる」ものとしています。
  これは、啓発文にはない新たなコンテンツを文章として付加していただくことを期待したものでは
 ありません。
  リーフレットとしての構成等を鑑みた上で、啓発文が持つメッセージをよりよく伝える工夫として
 短文の挿入をご検討ください。

 

鳥取県人権文化センターのその他の活動

ページトップへ