No.31災害と人権~災害に強い社会をつくるために~ (2012.12 発刊)

クリックで拡大

クリックで拡大

概要

災害に強い社会をつくるには、防災技術、防災教育、救急医療、産業の復興など、様々な角度から取り組むことが必要です。

本書では『人権』という視点から災害と向き合いました。私たちが生きていくうえで避けることができない自然災害。

そのとき、私たちは『人権』をどのように守っていくのか、そして『自然災害』を『人災』へとつなげないためには私たちに何ができるのか等、『災害と人権』に関する問題について考えてみました。

【第1部】災害と人権
 第1章 私たちの暮らしと災害
 第2章 地域社会のあり方
 (イ)地域社会と共助
 (ロ)個人情報の保護に関して
 (ハ)地域に潜む見えない壁
 第3章 災害弱者と人権
 第4章 災害後の精神的ケア

【第2部】災害時における情報の捉え方と人権
 第5章 風評被害とメディア・リテラシー
 第6章 噂と偏見、不安と差別

バックナンバー

No.37 今後の部落問題学習をどう展開するか
詳しく見る
No.36 超高齢社会の人権尊重
詳しく見る
No.35 「障害」と人権について考える 「合理的配慮」って何だろう? ー「共に生きる社会」を実現するキーワードー
詳しく見る
No.34 人権学習の再考~3つの課題と解決のためのヒント~
詳しく見る
No.33 人権尊重のコミュニケーション  (2014.1 発刊)
詳しく見る
No.32 外国人の人権 ‐ 地域における多文化共生社会をめざして ‐ (2013.12 発刊)
詳しく見る
No.31災害と人権~災害に強い社会をつくるために~ (2012.12 発刊)
詳しく見る
No.30労働者の人権 -「働きがい」のある職場をめざして- (2011.11 発刊)
詳しく見る
No.29「あなたは『働く』ことに何を求めますか?」 (2010.11 発刊)
詳しく見る
No.28「私たちの人権と企業の社会的責任(CSR)」 (2009.10 発刊)
詳しく見る

鳥取県人権文化センターのその他の活動

ページトップへ