No.34 人権学習の再考~3つの課題と解決のためのヒント~

クリックで拡大

クリックで拡大

内容

第1章 今の人権学習を巡る課題
 (1)差別や人権侵害など社会の問題を「自分事」として受け止め、関わろうとするいい意欲の希薄さ
 (2)行動するための知識と技能の不足
 (3)自己の成長と変容を確かめる「ふりかえり」の弱さ

第2章  より効果的な人権学習へのヒント~他の教育分野から学ぶ~
 (1)社会への責任と貢献する意識の醸成
    社会を構成する一人としての自覚や社会問題と向き合う意欲を促す。(市民性教育)
    社会問題と自分とのつながりに気づく(開発教育)
 (2)行動するための知識と技能の育成
    交流活動、実践活動を通して学ぶ (福祉教育)
    対立を乗り越えるための手法を学ぶ(平和教育)
 (3)自己の成長と変容を確かめる「ふりかえり」の大切さ
             (市民性教育・福祉教育等)

まとめ ~これからの人権学習の姿~

バックナンバー

「ネット上の人権問題」啓発ポスター&リーフレット
詳しく見る
No.37 今後の部落問題学習をどう展開するか
詳しく見る
No.36 超高齢社会の人権尊重
詳しく見る
No.35 「障害」と人権について考える 「合理的配慮」って何だろう? ー「共に生きる社会」を実現するキーワードー
詳しく見る
No.34 人権学習の再考~3つの課題と解決のためのヒント~
詳しく見る
No.33 人権尊重のコミュニケーション  (2014.1 発刊)
詳しく見る
No.32 外国人の人権 ‐ 地域における多文化共生社会をめざして ‐ (2013.12 発刊)
詳しく見る
No.31災害と人権~災害に強い社会をつくるために~ (2012.12 発刊)
詳しく見る
No.30労働者の人権 -「働きがい」のある職場をめざして- (2011.11 発刊)
詳しく見る
No.29「あなたは『働く』ことに何を求めますか?」 (2010.11 発刊)
詳しく見る
No.28「私たちの人権と企業の社会的責任(CSR)」 (2009.10 発刊)
詳しく見る

鳥取県人権文化センターのその他の活動

ページトップへ